抗がん剤治療中の育毛剤やマッサージはNG?

年齢を重ねることでAGAを発症したり、ホルモンバランスの乱れによって薄毛になったり生活習慣や食生活により抜け毛や薄毛が増えてくること以外にも、頭髪が脱毛することはいくつかあります。

その中でも、抗がん剤の治療などによって脱毛症状があらわれることも考えられます。

抗がん剤は、がん細胞をやっつけるには適していますが、関係のない健康な細胞までも破壊してしまうので抗がん剤治療を始めると頭髪などにも変化があらわれます。

一時的な脱毛状態が起こり、ブラッシングをしただけでごっそりと髪の毛が抜けてしまうなどするので、ショックを受ける人も多いようです。

ただ、抗がん剤の治療による脱毛は一時的なものであるため、治療が終了すればまた元のように髪の毛が生えてくることが期待できます。

しかし、いきなりバサッとかなりの量の髪の毛が脱毛してしまうというのは、どんな人に摂ってもショックが強いと思われます。

そのため、早く発毛させて元の髪の状態に戻りたいと焦って育毛剤や頭皮マッサージなどをする人もいますが、実は抗がん剤治療中はあまり頭皮のお手入れや育毛剤の使用は避けた方が良いとされています。

治療中に育毛剤を使用したり頭皮をマッサージすると、血行が良くなりますが返って抗がん剤の効き目を強くしたり血行が良くなることで頭皮に何らかの影響がまた出る可能性が強くなります。

気持ちが焦ってしまうのはわかりますが、頭皮マッサージや育毛剤の使用は抗がん剤治療が完全に終了してから行うのが良いといえます。

頭皮に問題がないか確認してからマッサージを行うことで頭皮が柔らかくなり、血行が良くなり栄養が頭皮に行き渡りやすくなりますので投与終了後1~2ヶ月くらいしたら始めてみることをおすすめします。