育毛は今からでも遅くない:掲載記事一覧

  • 育毛と耐性とツインテールについて

    耳より上の位置で髪をまとめている、ツインテールのヘアスタイルは、とてもキュートな印象です。でも女性でも、禁煙においては、薄毛が深刻化しているので、年代が若くても薄毛に悩み人はいます。髪の毛が薄いとツインテールなどをしても、分け目が薄くて目立つなど、悲しいことも出てくるので、育毛のケアははやくしたほうがいいです。 気に入った育毛剤を使い続けて長いこと経過すると、ある時期からお手入れをしても、あまり効果が感じられなくなることがあります。植物の葉と同じようなもので、育毛剤を長期的に使用をすると、耐性のように、その刺激に体のほうが慣れてしまって、成分を入れても反応が薄れることがあります。 こうしたことは、ありうることですので、頭皮への使用期間や、ほかの育毛剤とのローテーションをする工夫をしてみることです。今では多くのヘアケア商品が販売されているので、ほかの商品も試してみて、肌にも合って、自分のケアに向いていると感じた育毛剤を、ほかにも見つけておきましょう。違った育毛剤を見つけて、それと交互にヘアケアにしようをすることで、耐性を抑えることにもなるので、チャレンジしてみるといいです。 毛髪の抜け毛というものは、だんだんと進行をしているように見えますが、髪の毛がたくさん抜けやすい時と、停滞をする時期があって、それを繰り返しています。その繰り返しで、たくさんの毛が抜けていきます。サイクルが頻繁だと感じたら、育毛剤の塗布は1日に1回ではなく、2回やるようにします。逆に停滞をしている時には、無理に塗布をしないことです。そうすれば、無駄に耐性をつけることはなく、継続的に同じ愛用の育毛剤を使用することができます。
  • 薄毛は永久脱毛以外、遺伝だからと諦めずに育毛を

    薄毛の家系で同じように髪の毛が薄くなってしまうと、遺伝だから仕方がないと諦めてしまう人も少なくありません。 しかし、遺伝と言っても必ずハゲてしまうわけではありませんし、早い段階で手を売っておけば髪の毛を維持することができたり、増やすことも決して不可能なことではありません。 髪の毛を永久脱毛したわけでもないのであれば、再び生えてくるということは無いわけではないのです。 そのため、薄毛になってしまっても正しい育毛をすることが薄毛を食い止める唯一の方法となります。 髪の毛が抜け始めてから必死で、なんとか進行を食い止めようと自己流の育毛に励む人も少なくありませんが、正しい方法で育毛をしなければこうかがないばかりか逆効果となってしまうこともあります。 育毛をするのであれば、正しい知識を持って正しい方法を取る事が大事なので決して勝手な判断で、なんとかしようと考えることは避けるようにしましょう。 一番確実な方法としては薄毛治療を行っている医療機関で相談をして、育毛の方針をアドバイスしてもらうということです。 この方法であれば、間違った方法をとることがなく安全に髪の毛を育てていくことができますから、再び髪の毛が戻ってくる可能性も高くなります。 少なくともマイナスになるということはないので、下手なことをした結果として薄毛が余計に進行してしまうということを避けることができるので、精神的にも楽に育毛に励むことができるのです。 薄毛になってしまうと気持ちも沈んでしまうものですが、ネガティブに考えることが余計にストレスとなって頭髪に悪影響を及ぼしてしまうこともあるので、前向きな気持で医療機関に相談をして正しい育毛を試してみましょう。
  • 薄毛対策としての坊主、育毛のためにツボ押し

    薄毛で悩む方の中には、ヘアスタイルなどでうまく薄毛を隠そうとした方もいるでしょう。しかし、薄毛になり始めの頃ならば、ごまかすことはできるでしょうが、薄毛が進行してしまうとどんなにうまく隠そうとしても周囲からは気付かれてしまいます。 薄毛の場合には、坊主頭にするのもいいでしょう。坊主頭にすることで、薄毛が目立たず、また、髪の毛が伸びていないため、残っている自分の髪の毛によって毛根への負担が最小限になります。そのため、抜け毛などを防ぐことにも期待が持てるでしょう。 また、あえて坊主頭にすることで、周囲の視線に慣れてしまうことで、精神的にも強くなれることでしょう。 薄毛の状態で、周囲の視線を気にしすぎて、ストレスを溜め込んでしまうよりも、坊主頭にすることで、周囲に対して堂々と自分をアピールしてしまうことで薄毛のコンプレックスを感じなくするのもいいでしょう。 薄毛の対策としては、ツボ押しなども有効です。頭皮にあるツボを定期的に押してマッサージすることで、頭皮の血行促進につながります。血液は、頭皮に必要な栄養を運ぶため重要な役割を担っています。その血液の流れをよくすることで頭皮に栄養を行き渡らせやすくするためにツボ押しやマッサージを定期的に行いましょう。 適度な刺激を与え、血行不良を改善し、育毛促進しましょう。 薄毛や抜け毛などの予防には、食事でも注意が必要です。偏りのある食事を控え、バランスのよい食事を心がけることも重要なポイントといえるでしょう。 血液や髪の毛、頭皮に必要な栄養素を含む食材を積極的に食事にとりいれていくことが大切です。 食事や頭皮に対するマッサージをすることで薄毛対策、予防にしましょう。
  • 育毛とパルテノライドとバターについて

    ハーブエキスにはパルテノライドは、健康のためにいいと言われています。そのため欧米諸国においては、昔から愛用がされています。近年になってパルテノライドの成分を含むサプリメントを服用して、頭皮に育毛の効果があったことで、薄毛に対しても作用すると注目が高まっています。 キク科ヨモギギク属の多年草である、夏白菊の葉の部分から抽出される、天然のハーブエキスがパルテノライドです。日本ではまだ新しい方の成分としての認識ですが、欧米では昔から健康の維持にも良いとされて愛用されてきています。 日本でパルテノライドの育毛効果への期待が高まったのが、複数の週刊誌等のメディアで、その作用が紹介をされたことがきっかけになっています。ただ薄毛に対してのメカニズムなど、詳しく研究や解明が行われているわけでもないので、体験者の口コミにも影響を受けている部分もあります。 頭皮の育毛のためには、食事の栄養がとても重要であることは、もはや言うまでもありません。髪の毛のためにはわかめがいいと言われるのは、海藻類には豊富なヨウ素を含んでいるためです。わかめだけを食べればいいわけではなく、毛髪のベースにもなるタンパク質を十分に摂取して、海藻類もほかの栄養も、活かされてくることになります。 チーズやバター、ヨーグルトや牛乳といった乳製品も、育毛のためには良い食品と言われています。人間の毛髪を作るには、ミネラルやタンパク質を基本にしています。バターや牛乳類の乳製品には、ミネラルやビタミンやタンパク質が、非常にたっぷりと含まれています。そのために、乳製品の栄養素は、育毛の助けにもなると考えられているのです。健康的な髪作りには、とても大切です。
  • 育毛のためには返金保証のついたコラーゲン製品を

    コラーゲンと聞くと、美容のために女性が摂取するものと考えられがちですが、実は育毛の際にも重要な役割を果たしてくれます。コラーゲンの中でも特にコラーゲンペプチドは髪の毛に良いものとされていますが、コラーゲン自体が年齢と共に体内で生成されにくくなる成分です。また、豚足やすっぽん、ふかひれなどに多く含まれているコラーゲンですが、これらを毎日摂取するのは非常に大変で、コストも掛かります。そのため、それを補うためにさまざまな製品やサプリメントを利用するのです。育毛のためには、コラーゲンの含まれた製品を利用するのが良いというのは第一ですが、ほかにもさまざまな点に気を付ける必要があります。それは、返金保証のある製品を購入するということです。育毛に関する製品で言えることは、効果には個人差があるという点です。そのため、高いお金を払って手に入れたのに全然効果が見られなかった、副作用が生じて使えなかった、というトラブルが発生しやすいのも育毛における問題とされています。そのため、ある程度の期間利用しても効果が出なかった場合には返金保証が発生する、という業者で購入するのが安全な方法だと言えます。また、近年ではインターネットで安い値段で育毛剤やサプリメントを購入することが出来るようになっています。しかし、中には値段が安い代わりに返金保証などがつかない業者もあります。効果が無いだけであればまだ良いですが、中には偽物や粗悪品を販売し、返金もしない、という悪徳な業者も存在します。そのため、安全かつ安心に育毛製品を手に入れたいのであれば、価格が高くてもある程度の保証がついているところで購入した方が良いという場合もあります。
  • 育毛に効くマッサージとは

    育毛には頭皮の血行を良くするマッサージが効果的です。 毛を生やしたいところだけマッサージをすればいいという事ではありません。 まずは後頭部から生え際から両手を使って手を広げて指の腹を頭皮に付けて、頭頂部に向かってゆっくり押しながら進みましょう。 爪を立てたりしないようにしてください。頭皮に傷がついてしまいます。 耳まわりのツボをくるくると回して、ゆっくり押しながら頭頂部に向かってマッサージをしていきます。 耳の周りにはツボがたくさんあります。急がずゆっくり押しましょう。 こめかみや生え際から手の指を広げた状態で指で頭皮を押しながら頭頂部でクロスするイメージでゆっくり動かしましょう。 強ければいいというわけではありません。 痛すぎるマッサージではなく、気持ちがいいくらいの強さで押しましょう。 頭頂部近くは、少し強めにして圧をかけましょう。 頭にはツボがたくさんあります。手のひら全体で頭頂部に向かってマッサージしましょう。 頭だけをマッサージするのではなく体全体の冷えを改善しましょう。 足裏にもたくさんのツボがあるので、マッサージしてみましょう。 頭皮には関係ないと思うかもしれませんが、足裏には体の各機関に通ずる反射区と呼ばれる個所があります。 頭のツボは足の親指です。 足の親指を押すことで頭部への刺激となりますし、土踏まずの少し上のあたりを押すと体全体の血行を高めてくれます。 足裏のマッサージも頭のマッサージも、お風呂上りがおススメです。 育毛剤を使っている方は、マッサージをする前に付けてから行いましょう。 お風呂に入ると血行が良くなっているので、マッサージの効果が出やすくなります。 ただ押すだけではなく、リラックスできるとさらにいいですね。
  • 育毛の効果には個人差がある

    育毛ケアの効果は人によりまったく違ってきます。 男女別に見ると圧倒的に女性のほうが効果が出やすいです。 女性は男性ホルモンの分泌量が少なく、薄毛になりにくい傾向があります。 薄毛の症状もツルツルになるのではなく、全体的にボリュームが減るような感じとなります。 男性と比べて症状が軽いため、効果が出やすいのです。 育毛ケアで効果を実感できない方は、間違ったケアをしている可能性もあります。 当然ながら原因にマッチした方法で対策しないと意味がありません。 冷え性に原因があるならば、冷えを解消していくのが根本的な解決法となります。 冷えを放置して他の方法を実践しても効果はあまり感じられないでしょう。 自分で予測した原因は外れることが多いため、サロンやクリニックでスカルプ診断を受けてみるといいです。 薄毛の原因がわかれば、最適な解決策も見えてきます。 正しい方法でケアしなければ、効果が出にくいのは当然のことです。 育毛の効果が出にくい方は、生活が乱れている傾向があります。 食生活のバランスが悪い、睡眠リズムが乱れている、ストレスを解消できていない、などなど。 髪は肌と同じくタンパク質で作られており、肌に悪い生活は髪にも悪いのです。 慢性的なニキビや乾燥に悩まされている方は、頭皮環境も悪いと考えていいでしょう。 育毛といえばシャンプーの見直しや育毛剤の使用、頭皮マッサージなどを想像する方が多いでしょうが、生活改善をすることも非常に大切なのです。 生活が乱れてしまうと、頭皮にもストレスを与えてしまいます。 頭皮にとって悪い習慣は冷えと血行不良であり、これらを自覚している方は注意が必要です。 入浴する時間を増やして身体を温める、食生活を見直して適度な運動をする、などの対策も行いましょう。