アーカイブ | 6月 2016

  • 育毛の効果には個人差がある

    育毛ケアの効果は人によりまったく違ってきます。 男女別に見ると圧倒的に女性のほうが効果が出やすいです。 女性は男性ホルモンの分泌量が少なく、薄毛になりにくい傾向があります。 薄毛の症状もツルツルになるのではなく、全体的にボリュームが減るような感じとなります。 男性と比べて症状が軽いため、効果が出やすいのです。 育毛ケアで効果を実感できない方は、間違ったケアをしている可能性もあります。 当然ながら原因にマッチした方法で対策しないと意味がありません。 冷え性に原因があるならば、冷えを解消していくのが根本的な解決法となります。 冷えを放置して他の方法を実践しても効果はあまり感じられないでしょう。 自分で予測した原因は外れることが多いため、サロンやクリニックでスカルプ診断を受けてみるといいです。 薄毛の原因がわかれば、最適な解決策も見えてきます。 正しい方法でケアしなければ、効果が出にくいのは当然のことです。 育毛の効果が出にくい方は、生活が乱れている傾向があります。 食生活のバランスが悪い、睡眠リズムが乱れている、ストレスを解消できていない、などなど。 髪は肌と同じくタンパク質で作られており、肌に悪い生活は髪にも悪いのです。 慢性的なニキビや乾燥に悩まされている方は、頭皮環境も悪いと考えていいでしょう。 育毛といえばシャンプーの見直しや育毛剤の使用、頭皮マッサージなどを想像する方が多いでしょうが、生活改善をすることも非常に大切なのです。 生活が乱れてしまうと、頭皮にもストレスを与えてしまいます。 頭皮にとって悪い習慣は冷えと血行不良であり、これらを自覚している方は注意が必要です。 入浴する時間を増やして身体を温める、食生活を見直して適度な運動をする、などの対策も行いましょう。