アーカイブ | 2月 2017

  • 育毛とレバーとシステインについて

    目を余りにも酷使しすぎると、それは髪の毛の薄毛の原因となります。毛髪と人間の目は、意見すれば無関係と思われがちです。ですが現代のネット時代において、世代を問わず目の使いすぎは多くなってきています。こうして目を酷使した時に、疲労の修復に使われるアミノ酸が、システインです。毛髪を生成するときにも、材料になります。 目が疲れて修復のためにたくさんのシステインが使われるので、髪の毛を生成するときには、必要な量を使えなくなるということです。システインの成分は、髪の毛を太く丈夫にするために必要な、コラーゲンの生成を助ける働きもあります。だから髪の毛以外でたくさん使ってしまうと、頭皮の髪の毛の成長にはまわせなくなって、少なくなったり毛が弱くなったりします。でも現代の目の酷使を普通にする時代ですので、意識して普段から食事やサプリでシステインの栄養素を取り入れる努力をする必要があります。育毛のためにも、薄毛には止めをかけるためにも、システインの不足を解消をするのが、第一歩だと言えます。 育毛を成功させるためには、食べたほうがいい食材が存在します。そのひとつが、お肉のレバーの食材です。豚や牛などの肝臓であり、含まれる栄養素が豊富です。毛髪の成長に必要となる、タンパク質の栄養や、亜鉛の栄養成分が、とても多く含まれています。必須アミノ酸に亜鉛、それに豊富なビタミンにも恵まれている食材です。 レバーのお肉には、3種類もの必須アミノ酸の栄養が含まれます。ロイシンとリジンとメチオニンの必須アミノ酸が含まれているので、髪の毛の育毛の効果は大きく期待が出来ることになります。リジンの栄養は、毛髪のベースになります。細胞の活性をするのは、メチオニンの成分です。肝機能を高めるのは、ロイシンの栄養です。